主婦キャッシングはお得なのか?

主婦キャッシングは金利の低さが魅力でしたが、今は差別化はされていません。

一般向けローンとほとんど貸付条件は変わらず、異なるのは対応スタッフが女性であることです。

女性が利用することを配慮して、スタッフには男性を起用していない会社もあります。

こうした企業努力により女性のローン利用者は増加し続け、今では利用者の約25%が女性客となっています。

最初はキャッシングを敬遠していた女性も、利用してみてその便利さにハマっていったのです。

主婦キャッシングの金利は決して低くはありませんが、繰り上げ返済できるローンがほとんどです。

返済日に前倒しして返済できるので、自分の意思で利息を抑えられます。

即日中に返済すれば利息ゼロで、翌日から日割で発生する仕組みです。

主婦におすすめの利用枠は、月収と同程度、または1回で返済できる金額です。

これを意識して借りていれば、債務超過に陥ることはないでしょう。

すでに数社のローンを利用している方は、おまとめして一本にすることも考えましょう。

主婦キャッシングも年々お得な商品が登場しているため、定期的に見直しするべきです。

過去に契約したローンがあるなら、最新のローンと金利を比較してみましょう。

ローンは新しいほど低金利になっているので、低金利ローンを見つけたら乗り換えるのがおすすめです。

乗り換え目的の場合は、金融機関も融資に対応してくれることが多いです。

おまとめする場合は多目的融資ではなく、おまとめという目的があると判断されます。

詳しくはこちら→主婦ローン

主婦キャッシングの気になる情報

主婦キャッシングとは主婦を借入対象としたローンのことですが、主婦以外も借りることができます。

OL、自営業といった方も利用していますが、専業主婦は借りることができません。

ローンの融資条件は全額返済する能力を有していることなので、収入がない状態では借りられないのです。

以前にローン契約をして、契約中に結婚した場合は別ですが、返済の義務はあるので毎月返済していく必要があります。

ただし、追加融資に関しては原則として受けることができなくなります。

詳しくはこちら→お金借りる

主婦が借りられる限度額はサラリーマンと比べて低いです。

主婦キャッシングは、融資対象をパート主婦と定義していますので、借りられる金額は30万円くらいと考えておくといいでしょう。

パート収入の平均は120万円くらいと言われているので、無難に借りられる金額としては30万円です。

それ以上を借りようとすれば、もっと年収を増やす必要が出てきます。

確実に借りたい場合は、希望額を少なく抑えるように工夫しましょう。

入職したばかりの状態では、主婦キャッシングで借りられないことがあります。

お金を借りるためには、ある程度同じ会社に勤続する必要があるのです。

2年を超えればほとんどのローンは融資してくれますが、3年未満は不可とする会社もあります。

勤続年数にあまりこだわらない会社ですと、1年や半年などの短い勤続でも融資してくれます。

入職した直後にお金が足りない状況では、ローンを利用する前に勤続期間について確認しておきましょう。